一般不妊治療費助成

 子どもを希望しているものの子どもに恵まれない夫婦に対し、一般不妊治療(ホルモン検査、子宮卵管造影検査、タイミング法、薬物療法、人工授精など)にかかる医療費の自己負担分を助成します。

【対象者】
  町内に住む夫婦

【助成内容】
  ・年間10万円
  ・連続した2年間
  ※助成を希望される場合には、保健センターにご相談ください。


〈お問い合わせ先〉
  平泉町保健センター    0191-46-5571

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP