小児インフルエンザ予防接種の助成について

2022年10月31日

 10月1日より「小児インフルエンザ予防接種」の接種費用の一部助成を行っています。
 インフルエンザは例年1月から3月にかけて流行し、発熱、頭痛、だるさなどの全身症状を主な症状とする感染症です。子どもなど免疫力が低下している場合には、重症化する恐れがあります。予防接種を行うことで重症化を防ぐことができます。
 希望する方は、下記の内容を確認の上、流行時期の前に接種してください。

【対象者】接種日現在1歳~15歳(中学校3年生)まで

【実施期間】10月1日~1月31日

【接種場所】委託医療機関
 詳細は下記の委託医療機関一覧をご覧ください。予診票は、委託医療機関で配布します。

【接種回数】1歳~12歳は、2~4週間の間隔で2回
      13歳~15歳は1回
      ※新型コロナワクチンとの接種間隔をあける必要がなくなり、同時接種が可能となりました。

【助成内容】費用助成のうち、1回あたり2,100円を助成します。差額は、自己負担となります。接種料金は医療機関によって異なりますので、医療機関にご確認ください。
※ただし、生活保護世帯及び非課税世帯は、全額助成いたします。該当する方は、印鑑を持参の上、事前に保健センターで手続きをしてください。

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP